テクノロジーによって
既存の価値観を変え社会を変える

エンジニア
崎山 大介

 

崎山さんの自己紹介をお願いします。

セグメントでは、PRESCO事業部のエンジニアをしています。2018年に中途入社しました。

PRESCO事業では、基幹システムの開発、改修、運用やRPA(Robotic Process Automation)による新規サービスの開発をとりまとめています。具体的には、RPAを使って広告代理店のデータ収集やレポート機能を自動化して、業界の働き方改革のトランスフォーメーションを目指して日々尽力しています。

前職では沖縄で通信キャリア系の会社に勤めていて、主にはネットワークのエンジニアとして、年間の計画や各工事案件の仕様決め、管理などを行っていました。加えて、社内業務のRPA自動化プロジェクトを担当していました。もともと無駄をなくすことが好きな性格があってか、RPAを使うのが楽しくて勝手に色々な業務を自動化していました(笑)

崎山さんのセグメントへの入社背景を教えていただけますか?

NewsPicksのRPAHD高橋社長の記事をみたのがきっかけです。

前職でRPAに触れ、非常に画期的な技術であると思ったし、今後は気軽に誰でも自動化できるような時代が来るだろうと思うようになりました。夜間まで同じ作業を繰り返すような非生産的な部分はなくなっていき、人が思ったことを自在に実現することができる生産的な社会になっていくだろうなと。

そんな時に、高橋社長の記事に出会いました。自分の思っていることと記事の内容とマッチしていて興味を惹かれました。どうせRPAに関係した事をやるのなら、その専門の業界に飛び込んでチャレンジしてみたいと思って選考を受けることを決め、入社に至りました。

「仕事の本質はいつも変わらないが、
そこに向き合える環境があるか
ないかが重要」

業界としては全く違うところに飛び込んできたものと思いますが、何か苦労した点などはありましたか?

最初困ったのは、社内当たり前のように使われる専門用語が分からなかったことです。周りがもの凄いスピードで会話していて、はじめはついていくのがやっとでした。実は隠れてパソコンで意味を調べながら会話したりもしていましたね(笑)

でも、本質的には変わらないと思っています。行うべきことに対してスケジュール立て、外部リソースの使い方を考え、コスト感を考えてやり方を提案をする。定期的に進捗を確認し、方向修正しながら成果物を持ってくる。というところは前と変わらないですし、前職の経験が活かせていると思っています。

ただ、前職とは大きな違いがあります。スピード感と優先順位を適宜考え直す柔軟性です。スピード感は、プロジェクトのスピードについて言えば前職の4倍ぐらい、加えて、単なる速さという意味だけでなく、成果物の効果を想定し、予算を考えながら投資を踏まえて進めるといった、効率の高さという意味でもスピードをどう上げていくのかを考えなければならないという点です。

仕事の本質は変わらないものの、その部分に真剣に向き合える環境があるとないでは大きな差が生まれますし、個人の成長スピードも格段に変わると思います。セグメントでは、そこに対して真剣に取り組める環境があるし、周りのメンバーもそういった姿勢で常に取り組んでいると思います。

「価値観が変わる瞬間が面白い」

では、PRESCO事業部でRPA・ロボットや新サービスを企画・開発される中で感じる面白さや楽しさはどういったところにあるのでしょうか?

RPAを知る前と後で価値観や働き方が変わっていくのを見るのが楽しいですね。特に何も疑問に思っていなかった繰り返し業務をやっていた人がRPAに1時間触れただけで、やるのが馬鹿馬鹿しいと思うようになっていて、そのように価値観が変わる瞬間が面白いと思いました。自分も含めて、今まで当たり前とされていたものが簡単にひっくり返る瞬間に出会えるのは貴重だし面白味のある部分ですね。

例えば前職で、発注作業をはじめ100件手作業でやっていました。面倒くさいとは思いつつも、それ以上の方法があったわけではなく、発注システムがある分楽だとさえ思っていました。しかし、RPAを導入して発注作業を自動化したら、作業が表を作ってボタン押すだけに短縮されました。こんなに画期的な方法があるのかと驚愕したのを覚えています。

めんどくさいことはロボにやらせてしまおう、という考え方ってとても素敵じゃないですか?なんでも放っておいたら勝手に終わっているのって理想ですよね(笑)。

また、今まで取り組んでいない、新しいことに取り組んでいるという楽しさがあります。RPAでできることは3段階あると思っていて、1つは「やっている業務の自動化」。次に「RPAを組み込んだプロセスによる効率化」。3つ目は「RPAを使った新規事業」です。2つ目までは前職でもやっていたのですが、RPAを使って、データを使って新しい事業をするという1つ上の段階は、PRESCOに入って意識して取り組み始めたところです。

「環境は自分で作り上げていくもの」

 

RPAによって崎山さん自身も価値観が変わったんですね。ではそれ以外の部分では、セグメントに入ってみて、何か変化があったり新しい経験があったりということはありますか?

変化という点では、働く姿勢が変わったと思っています。以前は、何かを創り上げる時はじっくり時間をかけて完璧にしないといけない、という固定観念がありました。例えば、少しでもバグが残っていたりする曖昧な状態ではリリースしたくないと思っていました。

でもこの会社だとそれだとスピードが遅くて全然うまくいかないんです。わからなくてもとりあえずリリースして、フィードバックをもとに更なるスピード感をもって改善していくというやり方でないと上手くいかないということに気が付きました。この姿勢はすごく面白いと思っているし、本質的だなと思っています。

成長段階がゆえに整備されていない部分が多くあるのですが、逆に言えば環境や仕組みを自分で作ることができる機会があるという面白さがありますね。環境に頼る必要はないし、整備されるまで待つ必要性もありません。自分が何をしたくて何を求めているのかを考えて自分から動くことが難しくもありとても重要な部分です。

「目的は業務の自動化を進めて
無駄をなくしていくこと。
あくまでRPAはそのための手段。」

今後ビジョンや目標があれば教えてください。

業務の自動化を進めて、空き時間を作り出すお手伝いをしていきたいと思っています。

何かやりたいことがあって遅くまで仕事をするのは良いと思うし、成長につながる事だと思うのですが、つまらない業務や事務作業のせいで文句を言いながら残るのであればそれは違うと思し、なくしていきたいなと。

残業して、飲んで会社の愚痴を言うというような世の中は変わらないといけないし変えていきたいと思っています。極論を言えば、今後はお金を払って働く時代が来るのではないかとも思っています。多くのことをロボットなどで自動にできるようになり、働かなくても生きていけるようになった場合、自分のやりたいことのためにお金を払って働く、そういった時代の実現の一端を担えたらいいと思っています。

それに、これからはRPAを誰でも自在に使えるようになる時代がやって来ます。RPAを使えること自体はサブスクの要素ではなくなっていき、それを使って何をするかで勝負する時代になるはずです。だからこそ、RPAが一般化したときに向けて何ができるか、何をしたいかを常に考えスピード感をもって動くことが必要とされてきます。

ただ、あくまで目的は無駄をなくすことであって、RPAはそのための手段でしかありません。自動化を達成できるのなら、それこそAIでもPythonでもなんでも良くて。手段を制約することで視野が狭まったり、手段を目的にすることは避けなければなりません。これって非常に難しいことで、意識してこれからも注意しなければいけない点だなと思っています。

崎山 大介DAISUKE SAKIYAMA

2018年 中途入社
PRESCO事業部 エンジニア

FAQよくあるご質問