データドリブンを駆使した
事業の課題解決、
社内連携の強化

メディアディレクター、事業管理、データアナリスト
石井 臨太郎

 

石井さんの自己紹介をお願いします。

セグメントでRPABANK事業部にてメディアディレクター、事業管理、データアナリストとしての仕事をしています。2019年に中途入社して、6か月が経ちました。

学生時代は大学院まで数理情報学を専攻し、数理モデリングについて研究をしていました。また前職では、営業、企画、マーケティング、アライアンス、新規事業開発など幅広い業務に取り組んでいました。

入社した経緯、動機を教えていただけますか?

入社の決め手となったポイントは2つあります。

1つはセグメントが新規事業開発に積極的に携われる会社である点です。これまで、様々な業務に取り組んできましたが、中でも新規事業開発に関わった時に面白味を感じました。責任者として、0から事業を立ち上げて行きたいと思うようになり、それが可能な会社を探していました。

2つ目は、RPAという領域で勝負をしていたというところです。前職での商談の中で、「あーるぴーえー」という単語を初めて耳にしました。当時全く知らない言葉であったため、自分でも色々と調べてみたんです。自身が学生時代に情報学を専攻していたこともあってか、誰でもノンプログラミングで業務の自動化をできるという部分が画期的な概念であると興味を惹かれました。

そんな時、NewsPicksでRPAHD高橋社長の記事をきっかけにセグメントを知り、選考を受けてみることにしました。

採用フローの中で、社長の石井や事業部長の武藤との会話から、新規事業を創っていくことができる会社であること、またRPAというビジネスコンセプトのポテンシャルを感じることができたので入社を決めました。

「経験を活かし、
かつ新たな領域にチャレンジできる」

現在、RPABANK事業部では具体的にどのような業務をされていますか?また、その中でこれまでの経験やスキルが活きている場面などはありますか?

大きく分けて、2つの業務を行っています。
1つ目は、RPA BANK事業全体の事業推進を行っています。具体的には、事業上、重要なKPIの設計・可視化の仕組みを構築して、各メンバーが事業を推進しやすいサポートをしています。

2つ目は、RPA BANKというプラットフォームをどうやって大きくしていくか、それをどうビジネスに転嫁させるかについて、日々仮説を立てて、施策を実行し、検証をしています。
上記の2つの業務を行う際に、各種のビジネスデータを取得・統合・可視化し、適切な意思決定につなげるという意味で、データアナリスト的な役割を担っているのかと思っています。

経験に関して言えば、今までの経験が活きている部分が半分、初めてのことが半分、ですね。
事業管理や事業推進のような部分は今までもやったことがありある程度のイメージはできていたし、データを扱う部分は自分の得意分野でもあるし経験が活きています。

ですが、RPABANKというオウンドメディアを大きくしていくというのは初めての経験です。ここは自分にとって大きなチャレンジ部分で、現在進行形で試行錯誤しながら取り組んでいます。

「ビジネスに対して
真剣に取り組める会社」

セグメントで働くうえでどんな能力が必要だと思いますか?

新しいことにチャレンジするマインド、透明性のあるコミュニケーションがとれる人が向いていると思います。

セグメントでは新規事業開発をはじめ、経験のない事業や業務を行うことが多いため、失敗を恐れずに常にチャレンジする姿勢が求められます。逆に言えば、そういった姿勢を持つ人の背中を押してくれる会社であるとも思っています。

また透明性のあるコミュニケーションとは「自分の立場や役割に関わらず自分の考えをしっかりと示す」という意味です。自分は下っ端だから言えない、などと委縮していては良いものを生み出せるはずがありません。チームで成果をあげていくために、オープンでクリアなコミュニケーションをとることが重要だと思っています。

そのほかの専門的な知識やスキルは入ってから身に付けるものだと思うし、特別に必要だとは思いません。ビジネスのプロフェッショナルになりたい人、真剣に向き合いたい人にとっては非常に良い環境が揃っていると思っています。

「常に課題解決に
取り組める人になりたい」

 

ビジネス、また個人での今後の目標やビジョンはありますか?

ビジネスについては、もっと様々なビジネスデータを可視化し、より精度が高くスピード感のあるビジネスを実現していきたいと考えています。

そして最終的には、他の人がビジネスを作り上げることをサポートできる仕組みを作りたいと思っています。「どうやってビジネスにすればよいか分からない」「効率的なビジネス運営ができない」「組織をどうやって組成すればよいかわからない。組織運営が上手くいかない」といったような人の手助けになりたいと考えています。

個人的な目標については、漠然とですが常に課題解決に取り組む人間として生涯いたいと思っています。ビジネスを行っていくうえでは何かしらの課題や問題は不可避なものであるし、それらを解決しないことには先に進むことはできません。

実際、これからどんな課題にぶつかるか、そんな時にどの経験が活かされるかなんてわからないじゃないですか。当時は一生やらないだろうなと思っていたことでもその経験が別の場所で活きることがあったりしました。大学で学んだ数理科学を例に挙げても、卒業してからはその知識をほとんど使う場面がなったのにまさかこの会社に入ってもう一度似たようなことをやるなんても思っていませんでした。

今やっていることを何かに活かしてやろうと思いながら打算的に仕事をするのではなく、自分の経験値や知見を広げていくような意識を大事にし、まずは目の前の仕事にしっかりと向き合って、一つ一つ成長していきたいと思います。

石井 臨太郎RINTAROU ISHII

2019年 中途入社
RPABANK事業部 RPABANK事業部 メディアディレクター 兼 事業管理 兼 データアナリス

※2019年9月1日をもってRPABANK事業部を分社化し、新しく株式会社RPA BANKを発足しました。

FAQよくあるご質問